水筒に炭酸を入れるのはNG?それともOK?使える水筒も。


水筒に炭酸を入れるのはNG?それともOK?

最近の水筒は保温機能が高まり、熱い飲み物は熱く、冷たいものは冷たく持ち運べるようになりました。
これからの暑い季節、水筒に水を入れる機会も増えていると思いますが、冷たい炭酸水料を持ち運びたいと考えたことありませんか? 私はあります。

ここで気になるのが、水筒に炭酸を入れるのは、NG?それともOKなの?
ということで調べてみました。

水筒に炭酸水をいれると蓋が開かない?

水筒に炭酸を入れたらどうなるんですか?

炭酸は、一般に二酸化炭素が溶けているものなんですが、密封が保られていないと空気中に出ていきます。水筒に移した場合、すでに密封状態なので、空気中に出て行った二酸化炭素のせいで水筒の圧力が上がり、最悪の場合容器が圧力に耐えられず破裂してしまいます。

ステンレス製の水筒に、炭酸飲料水をいれてしまいました。
水筒に炭酸を入れてはいけないのということを忘れていました;;
気づいたときにはもう蓋はあかず

こんなときは。。。。

水筒ごと冷蔵庫に1日位入れて、冷やしてみるのはどうでしょう? (冷凍庫にいれて1日でもいいかもしれない)
水も温度が下がると容量が減るし、気体も温度が下がると容量が減るので、もしかしたら可能性があるかも知れないと思いました。
最近のステンレス製水筒って、それほど気密性が高いのか…とびっくりしました。

ということで、やはり水筒に炭酸を入れるのはやめたほうが無難なようです。

炭酸OKの水筒が人気に

ところが、最近はなんと炭酸OKな水筒が開発されているようです。
では、炭酸水がOKな水筒とはどのような水筒なのか見てみましょう!

《商品特徴・概要》

・なぜ炭酸水を入れることができるの?キャップについている空気弁が上手にガスを排出するから、炭酸をいれても吹きこぼれたり内圧で開かなくなったりすることがないのです。
・保温保冷機能がトップクラス
・ワンタッチで開くキャップが使いやすい

炭酸水を入れることができるということは。。。
今度の野球観戦に冷えたビールを入れていける。(笑
ハイボールも入る!(水代わりにハイボールは問題がありそうですが。。。)
などなど、いろいろとアイデアが広がります!

ボトルのサイズは大きく重さも結構あります。600ml弱入るので軽いのを求めるならNG。
デメリットとしては、やはり高機能の水筒なため、価格がちょっとお高めです!
でも、価格差を引いても使いやすく保温保冷機能が高い水筒は魅力的ですね。
この水筒を持っていれば、自動販売機が無い場所でも手軽に炭酸飲料が冷えた状態で楽しめます!

《まとめ》
冷えた状態の炭酸飲料を手軽に楽しむことができる水筒が開発されたことによって、楽しみ方の幅が広がります。
夏のキャンプから日頃使いまで、幅広く活躍してくれる水筒です。
だからといって、ビールばかり入れるのはほどほどにして下さいね。