一塁盗塁とは?今後野球のルールはどうなる?

KeithJJ / Pixabay

一塁盗塁の新ルールとは?

ひとことで言えばいままでのルールでもあった「振り逃げ」が2ストライクから捕手が落球した場合のみ1塁へ進塁できるチャンスあるのですが、これが『一塁盗塁』の場合は、どのカウントでも走ることが出来る様になります。

こうなると、足の早い選手が圧倒的に有利になります。
ピッチャーはワイルドピッチを恐れて、なかなか低めにフォークボールなどの落ちるボールは使いたくないですね。

このルールはいつからか?

米独立アトランティックリーグの後半戦からは過激な新ルールが実施されます。
メジャーリーグでの採用はまだ未定です。

各メディアの反応は?

米国ヤフーニュース

「俊足選手が圧倒的有利になる。

投手は暴投やパスボールを恐れて落ちる変化球を投げ投げづらくなり、
速球に頼ることになるかもしれない」としている。

たしかに。。。。

このルールに反論している人も多いです。

 

一塁盗塁の評価まとめ

現段階ではまだ試行的に実施しているだけであり、すぐにメジャーで取り入れられるとは考えられません。
長い歴史のあるMLBですが、このルール導入で今後記録の内容がお幅に変わってしまう恐れがあります。
特に盗塁数は大幅にかわるでしょう。

stanbalik / Pixabay